児童虐待、DV環境から、安全安心の生活を。 | 一般社団法人メッター

ご寄附について : contribution

勧進趣意書

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 平素より、一般社団法人メッターにご支援、ご協力を賜り、誠にありがとうございます。
 さて、一般社団法人メッターでは、虐待やDVなどの被害にあった方が、共同で生活する駆け込み寺「メッターラボ」を運営してきました。
 しかしながら、この事業だけでは、虐待を受けている未成年者を入居させることができず、この度、ファミリーホーム(小規模住居型児童養育事業)の開設を目指すことといたしました。
 ファミリーホームは、児童養護施設、里親制度と並ぶ新しい児童擁護のかたちとして2009年4月に制度化されました。里親は夫婦か片親で育てるのに対し、親となる養育者を3人以上置いて運営することが条件となります。一般の住宅で開設できますが、預かる子の定員は5、または6人で、養育里親が同時に預かることができる人数(4人)より多く、職業として運営できることが里親との違いです。
 日本最古の寺院は大阪の四天王寺であり、推古天皇元年(593)、聖徳太子によって建立されました。四天王寺は、仏法修行の道場である「敬田院」、病者に薬を施す「施薬院」、病舎を収容し看病する「療病院」、身寄りのない子ども、貧しい者を収容した「悲田院」の「四箇院の制」をとられました。仏教を学ぶと共に、実践する場を設けたと考えられるでしょう。中国、朝鮮半島を経由して日本に入ってきた伝統的な仏教は、すべて、大乗仏教とその流れを汲む密教だけです。聖徳太子以後、例え多くの宗旨宗派が開かれようとも、日本の仏教の基礎は、四天王寺に現されているような、慈悲の仏教、菩薩行の実践にあります。私たちは、寺院という枠組みに囚われず、新しい形で日本仏教の伝統を活かしつつ、今まで以上に社会に貢献し、発展していくことに挑戦していく所存です。
 このファミリーホームの事業が、保護者のない児童又は保護者に監護させることが不適当であると認められる児童にとって救いとなること、また成長に伴って社会へと繋いでいくことができる事業となることを期待するものであります。どうぞ皆様方には、この趣旨をご理解いただき、何卒開設勧進にご協力いただけますようお願い申し上げます。
 末筆ながら、ますますのご多幸をお祈り申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

合掌

一般社団法人メッター 理事長 今城良瑞


[ご寄附について] - 全記事(新着順) [1]