児童虐待、DV環境から、安全安心の生活を。 | 一般社団法人メッター

大本山中山寺長老 村主康瑞猊下

 

 現代に生きる仏教者は、数多くの事がらを行わなくてはならない。通常の法務、壇務、修行はもちろん、布教や社会生活の中での聖職者としての活動や社会的貢献を考え、また、自身の家族を守り、地域に関わって生活している。
 殊に現代において起こっている矛盾や不条理や、いかんともしがたい事がらに向き合い、何らかの行動やメッセージを送る場合が多いのである。
 世の救済とは言っても、現代においては複雑で、ただ病や貧困に留まらない。心的、社会的、心情的な事がらの多さは絡み合い、互いに連動さえもしている。
 今回の一般社団法人メッターの活動は、仏教者が社会のそう言った要請に対して一つの答えを出してくれるのではないかと大いに期するところが感ぜられる。みな様の大いなる支援を願うものであります。

大本山 中山寺長老 村主康瑞