一般社団法人メッターロゴ

一般社団法人メッター

home
top

働きたいママの社会復帰を支援

雇用を通じて

 ママが働こうと思うと、保育所が必要になります。役所に行くと「まず仕事を見つけてきて下さい」と言われ、会社に面接に行くと「保育所を見つけてから来て下さい」と言われます。この問題を簡単に解決できるのが企業主導型の保育園です。当法人で仕事をすれば、保育園の利用が可能になります。この制度を上手く利用したママの社会復帰応援プログラムを用意しています。


 働かないと保育園に預けられないし、保育園に預けないと働けない。そんな心配なしに働くきっかけを創りたいと思い、当法人が運営する保育園を利用しながら当法人の企画補助のお仕事を1日2時間、月16日、3ヶ月間(継続雇用あり)のパート勤務を働きたいママにお願いしています。
 正社員希望の方には条件が合わないと思いますが、ここだけの話、もっと雇用条件の良いところを求めてメッターの仕事が終わってから保育園を利用したまま就職活動をしてくれてもかまいません。もともと求職での保育認定では90日の利用が可能ですが、求職中で収入のない時に保育料を支払うのはつらいと思います。しかしメッターで働けばわずかながらも収入があり、しかも当法人が運営する保育園を利用するため、保育料が実質無料になります。

 プログラムの利用が可能な時は以下に募集の旨を掲示します。

 現在メッターの募集は終了しています。次の機会をお待ち下さい。

 ロータスナーサリー靭公園の求人もあります。詳しくは同保育園のサイトをご覧下さい。

ロータスナーサリー靭公園

ロータスナーサリー靭公園

 メッターが運営する、企業主導型保育事業として採択された大阪本町と阿波座の間にある少人数制の保育園です。少人数の特色を活かし、子ども一人ひとりの「出来る」を伸ばし自主性を育む環境を整えています。

仕事と保育をセットで 事例

働きたいママの社会復帰 case:1

  • Q:お名前と家族構成を教えてください

  • 大石あゆみです。
    夫・長男(6才)・次男(2才)の4人家族です。

  • Q:お仕事を始めようと思ったきっかけは?

  • 長男の時は幼稚園に入るまでずっと見ていてあげたいと思っていましたが、ずっと一緒にいることだけがいいことではないように感じ、自分自身も社会復帰したいと思っていたので求職活動をすることにしました。

  • Q:メッターの仕事に応募した動機は?

  • 保育園に入園させたかったのですが待機児童になり、市役所の方に託児所付きの仕事を探すように勧められました。
    次男を預かってもらえること、長男の幼稚園のお迎えの時間に間に合うことが応募した動機です。


  • Q:どんなお仕事をしていますか?

  • まだ入社して日が浅いのですが、事務のお手伝いや、子どもの貧困や虐待についての勉強をしています。また、食に関するイベントを開催できないか調べているところです。

  • Q:お仕事をしてみてどうですか?

  • 思っていた事務の仕事ではありませんが、昔イベント企画をしたいと思っていた私にとってはやりがいがあるお仕事になるのではないかと思っています。
    子供と離れる時間があることで私自身もリフレッシュでき生活にメリハリができてきている気がします。

  • Q:これからチャレンジしてみたいことは?

  • いろいろチャレンジする機会を与えてもらっているので、まずは何か1つイベントを企画し開催できればと思います。

  • Q:お子さんの様子はどうですか?

  • 離れる時は泣いていますが、迎えに行くと元気に遊んでいるようで安心しています。保育園に行きだしてから言葉が増えたように思いますし、表情が色々でてきて家で長男とふざけあっているのを見るとおもしろいです。
    今まで長男のお友だちと遊ぶ事が多かったので同じぐらいのお友達と遊べることはいいことだと思います。

  • Q:最後に、これから社会復帰を考えているママにメッセージを

  • 私は長男の出産を機に退職しました。長男を出産した後に社会復帰しようかと考えましたが離れるのはかわいそうな気がしたこと、もう1人子どもが欲しいこともあり就活しませんでした。
    次男を出産した後も働きたいような今の状況でいいような…という感じでまたずるずる先延ばしにしていました。
    先のことを考えるとますます働くことが難しくなりそう(保育園も待機児童・小学校に入学しても学童に入れないかもしれないということを知り)、となり就活するなら長男が幼稚園の今しかないのではないかと思い一歩踏み出しました。
    なかなか希望の時間や職種を見つけることは難しいかもしれませんが、こちらの保育園を知り入職させていただけて感謝しています。
    子供と離れることを心配していましたが、お迎えに行った時に少し成長したわが子に会えることがとても楽しみです。
    働くことに悩んでおられる方も少し不安はあるかと思いますが、お互いの成長になると思いますし、離れた時間にできるようになったことなど少しの成長をずっと一緒にいる時より感じれるような気がします。それに気付いて一緒に喜べることも楽しいです。新しい生活も自分の気持ち次第で変わると思いまのでぜひ一歩踏み出してみてください。

働きたいママの社会復帰 case:2

  • Q:お名前と家族構成を教えてください

  • 嶋美穂です。夫と1歳9か月の娘の三人です。

  • Q:お仕事を始めようと思ったきっかけは?

  • 少しでも家計の足しにしたいということと、保育園に預けて働くことでお互いの成長になるかなという思いからです。

  • Q:メッターの仕事に応募した動機は?

  • 仕事探しと保育園の入園を同時進行するのが難しく、託児所付きの仕事を探していました。託児所付きの仕事は勤務時間も長く、子離れできない私はいきなり長時間娘を預けるのにも抵抗があり、働くことを諦めようかと思っていたところハローワークの職員の方にこちらの求人を見せていただき、2時間の勤務、子供と出勤できることに惹かれ応募しました。


  • Q:どんなお仕事をしていますか?

  • 子供の貧困・虐待について調べたり、事務のお手伝いをしたり、地域交流のイベントを考えたりしています。

  • Q:お仕事をしてみてどうですか?

  • とても良いです。出産してから子供と離れることはほぼなかったので仕事ができる喜びを感じています。娘も保育園に慣れ刺激的な毎日を送っていると思います。

  • Q:これからチャレンジしてみたいことは?

  • 長年ダンス講師をやっていることもあり、子供たちと楽しめるダンスやイベントを企画したりしたいなあと思っております。

  • Q:お子さんの様子はどうですか?

  • 入園して2週間ほどは朝別れるときに泣いていましたが、今ではバイバ~イ!と手を振ってくれるようになりました。家でも保育園のお友達の名前を教えてくれたり、たくさん歌を歌ってくれたりとどんどんと成長しています。

  • Q:最後に、これから社会復帰を考えているママにメッセージを

  • 第一子、何もかも初めてでした。出産を機に離職していたのでなかなか仕事に復帰するのも大変で、また娘を預けて働く、娘と離れることに抵抗があり前に進めずにいました。この仕事に出会って保育園のすばらしさ、ありがたさを感じ、預けて仕事をしてよかった!と心から思っています。
    離職しブランクがあるといきなりフルタイムで働くのは大変かもしれません。
    お互いの『慣らし』という意味も含め、仕事と保育がセットになっているこのお仕事制度、いいなあと思います。
    慣れない子育てをしながら一歩進むのは大変ですが親子で少しずつでいいので進んでみるとお互いにとっていい成長になると思います。
    是非一歩、進んでみてください。